油絵具とアクリル絵の具両方を使い、イラストレーションと絵画の中間のような画風の  
  寓話、象徴、​隠喩、投影、そんな光と影が混在するシュールでメルヘンな絵を描いています。




YOKO momoi 桃井容子はこんな人

子供時代に、父の友人であるフランス帰りの画家の魔女と数年一緒に暮らします。
魔女は桃井に、そこいらにあるものから美を見出す世界の角度の見方を教えました、そしてこの世にありのままに存在する光と影というものをも教えていったのでした。

大きくなり、画家の道を両親に反対された桃井は最初イラストレーターを目指します。
しかし結局、アートの世界にのめり込み画家を志すことに。

創作活動を続けるその道半ば、ある時期から、キャンバスを前にすると吐き気と頭痛を催す様になってしまい、絵が描けず長期のスランプに陥ります。

表現方法を失った桃井は、代わりに音楽を始めました。
運良く、東京の小さなインディーズ事務所の社長の目にとまり、トレーニングを受けたのち、バンドやジャズラウンジの専属ボーカルなどで活動。
歌を歌いながらも、不思議とずっと自分は画家であると思っており、必ずまた画家の道に戻るのだと決めていたのでした。


そして、全く絵が描けない状態から一転し、[宇宙喰い]という作品を描く事が出来た事でスランプ克服の兆しが見え、画家に復帰する準備を始めます。


そんな中、自分の絵を使ったブローチなどを作ったことをきっかけに、シルクや革や羽など異素材を使った小さな創作アクセサリーブランドを立ち上げ、その傍ら少しづつ絵の作品も描いてゆきました。

次第にキャンバスを前に起こる吐き気と頭痛を乗り越えて行き、歌とアクセサリーと絵の三足の草鞋から、絵一本にシフトしてゆきます。


沢山の人達に学びを頂き、助けて頂き、励まして頂き、とうとう画家として復帰を果たしました。


沢山回り道しましたが、その分得たものも沢山あり、オリジナリティーの高い画風を持てるようになったように思います。
私の絵を見つけてくれた人、もっと見たいと思ってくれる人、そんな人達のために絵を描き、
観てくれる人達に勇気や、癒しや、気付きの種を届けられますように。


よろしくお願いいたします。



​                                      桃井容子

YOKO   Momoi

YOKO   Momoi